2011年09月03日

Daybreak

yoake.jpg

写真家、山内悠――。彼は約4年もの歳月をかけ、600日間、地上3000メートルに位置する富士山の7合目にて“そら”を撮影し続けた。

追い求めていたのは、地球と宇宙の境界線である雲平線(うんぺいせん)に光指す“ご来光”だ。

それらの写真たちは、昨年『夜明け』という写真集としてまとめられ、世に送り出された。

ひとは美しい空をみると、つい写真を撮ってしまう。

現にiPhone専用の写真共有サイト「Instagram」では毎日のように世界中のきれいな朝日や夕日が投稿されている。

デジタル画像だけでシェアされる写真もまた、写真だ。

一方で、山内は“写真をモノ”として捉える。

600日間、毎朝のように同じ位置から同じ雲平線(ただし、365日その姿は異なる)を撮り続けた。

その瞬間、彼が何を撮っていたのか。

本人でさえ下山し現像しプリントしてはじめて理解できる。

物質化され、撮影者自身もはじめて認識し、写真が完成するのだ。

現在、『夜明け』シリーズは全国巡回展を開催している。

つい先日、この巡回展の最後を締めくくる場所と日程が決まった。

なんと山内本人が撮影拠点としていた富士7合目の山小屋・太陽館にて、10月1日から4日まで開催される。

山小屋では会期中、毎晩スライドショーが実施される。

訪れる人にとって、またとない登山体験となるだろう。

Interview↓
http://mediadefrag.jp/people/yuyamauchi/


山内悠 写真展『夜明け』 全国巡回展を開催中!
山内悠 公式ウェブサイト

posted by devilhead at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47713273

この記事へのトラックバック