2015年12月07日

John Muir Trail 〜Permit〜

permit.jpg

ジョン・ミューア・トレイルは、どんなに気合や意気込み、情熱があろうともそれだけでは歩くことは許されない。
ウィルダネス・パーミットと言う許可書を取得しなければならないのだ。
ここ数年はハイカーの増加、今年は映画「Wild / わたしに会うまでの1600キロ」の影響で特に多かったようだ。
パーミットを発行することでハイカーの人数を制限し、自然に対してのダメージを最小限に抑えるといった考えだ。
だが、このパーミットの取得はどのパス(峠)越えよりも困難なものだろう。
各トレイル・ヘッド(登山口)毎にパーミットの発行数を限定している。
Lyell Canyon trailhead:1日25人、うち15人分が事前予約、10人分が前日の11時から受付が開始される先着順(first-come, first-served)によるもの。
Happy Isles to Little Yosemite Valley, Happy Isles pass-through, Glacier Point to Little Yosemite Valley, and Sunrise Lakes trailheads:1日20人、全てが事前予約。前年まではfirst-come, first-served分の枠が用意されていたが今年から変更になったようだ。キャンセルが出た場合は前日11時からのfirst-come, first-servedとなる。
なお、事前予約は24週前からFax,電話,手紙のいずれか、first-come, first-servedはWilderness Centerで行っている。大抵の場合事前予約は直ぐに埋まってしまう。僕の場合は初めからfirst-come, first-served狙いでヨセミテのWilderness Centerへ向かった。

更に今年はDonohue Passを越えるのにパーミットが必要になった。
その発行数は1日あたり45人。
このパーミットを取得出来なければJMTから一旦逸れてDonohue Passを迂回するルートを歩かなければならなくなる。
実際にこのパーミットを取得出来ずにJMTを歩いているハイカーに出会った。彼はヨセミテ周辺のトレイル・ヘッドからスタートする為のパーミットの取得は難しいと考えヨセミテ国立公園から100km程パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)のルートを北上したSonora Passからのパーミットを取得。そこからTuolumne Meadowsまで歩きMono Pass trailheadからJMTよりも東側のトレイルを歩いた。そしてThousand Island LakeからJMTへと合流したのである。

Tuolumne Meadowsで出会った彼女もヨセミテからのパーミットの取得は難しいと考えた。
彼女はTuolumne MeadowsからのパーミットとDonohue Passのパーミットを無事取得しWhitney Portalまで歩いた後にTuolumne Meadowsまでバスで戻りそこからJMTの起点であるHappy Islesまで歩きJMTスルーハイクを完結させたのだ。

パーミットの取得が難しくなりつつある昨今、このような歩き方も一つの方法ではないだろうか。
しかし、僕はJohn Muir Trail Thru-Hikingのトラディショナル・ルートであるHappy IslesからMt. Whitneyまでのルートに拘ったのである。
そのパーミットの取得はまさに“運”次第なのだ。
言ってしまえばパーミットさえ取得出来てしまえばJMTをスルーハイクする事は決して難しいものではないだろう。

パーミットを取得した人が全員JMTスルーハイクを目指しているのでは無い。むしろ、スルーハイクをするハイカーはそのうちの数人だ。

Permitについて詳しくはNational Park Serviceのホームページを御覧下さい。


僕はHalf Domeに登りたいと思っていた。
ヨセミテを象徴するHalf Domeに登りたいという気持ちはちょっとしたミーハー的なものだったのかも知れない。
Half Domeを登るのにもパーミットが必要となる。
日帰りハイカー以外のいわゆるバックパッカーは1日75人がパーミットの取得が可能だ。そのうち50人分が事前予約、残りの25人分が前日申請分だ。
事前予約は登る予定日の2日前からRecreation.govにて申し込み可能でこれは抽選となる。
僕は前日にウィルダネス・パーミットと一緒にハーフドーム・パーミットの申請をヨセミテのWilderness Centerで行った。これは11時から受付開始でfirst-come, first-servedとなる。
ハーフドーム・パーミットの発行には$8掛かったと記憶している。

JMT 2015
posted by devilhead at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | JMT Thru Hiking 2015
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169413804

この記事へのトラックバック